ファーミキューテスを減らす方法

ファーミキューテスとは

ファーミキューテスを減らす方法

ファーミキューテスを減らす最強の乳酸菌が登場しました。

⇒ その名もスマートガネデン乳酸菌です(詳しくはこちら)

大腸が非常に大事な事は最近よく知られるようになりました。

大腸が大事ということは、当然ながら腸内環境を良くするということが必須になります。

その腸内環境のの中でも、ダイエット、健康に関わる菌が大きく分けて2種類に分けることができます。

ここでいう2種類の分類は、大まかなグループに分けられ、ファーミキューテスとバクテロイデーテスに分かれるという事です。

幼稚園と保育園といった感じでしょうか?

「太る」「痩せる」といわれているのは、

俗にデブ菌といわれるファーミキューテスに属する腸内細菌と、やせ菌といわれるバクテロイデーテスに属する腸内細菌のことです。

口内でいうと虫歯菌はファーミキューテスに属します。

歯周病菌の多くはバクテロイデーテスに属します。

で、歯周病菌を飲めば痩せるということではないのです。

細かなことはここでは言いませんが、ここではダイエット成功するためにはファーミキューテス(デブ菌)を減らし、やせ菌のバクテロイデーテスを増やしていく方法を記載します。

ファーミキューテスは脂肪を好む細菌であり、痩せてる人に比べ、太っている人の腸内環境は、このファーミキューテスに属する細菌の割合が多いことが研究の結果判明しています。

腸内にファーミキューテスが増加すると、食事からのエネルギー回収率が高くなり、肥満につながるということです。

そして「ヤセ菌」のバクテロイデーテスの割合が増えれば、血中の脂肪が脂肪細胞に取り込まれるのを阻害し脂肪を筋肉に取り込んで燃焼させる働きがあることが解明されダイエットに良いということです。

飽食の現代では「痩せる」=「健康」という図式が当てはまる人が非常に多いもののも頷けます。

ここで間違えていけないのはファーミキューテス(デブ菌)を全て無くしてしまえ!

という事ではないのです。

何事もバランスです。

腸内環境の理想は、ファーミキューテス:バクテロイデーテス=4:6が良いとされています。

ファーミキューテスにガネデン乳酸菌

あまり聞きなれない乳酸菌名ですが、ガネデン乳酸菌とは安全に安心して摂取してもよいのでしょうか?

こちらのページで詳しく調べてみました。

⇒ ファーミキューテスを減らすガネデン乳酸菌の危険性は?

ファーミキューテスを減らすサプリ

ファーミキューテスにガネデン乳酸菌

乳酸菌のサプリを摂るにしても大事な事があります。

乳酸菌のなかでも「ダイエット」をサポートする乳酸菌を選定する必要があるという事です。

脂肪燃焼するということはエネルギー代謝を上げるという事です。

エネルギー代謝アップに必要なのがアミノ酸です。

アミノ酸を効率よく吸収しダイエットをサポートする乳酸菌がガネデン乳酸菌なのです。

ガネデン乳酸菌という名前聞いたことがありますか?

まだあまり知られていないと思いますが、このガネデン乳酸菌がベストなのです。

ガネデン乳酸菌はアメリカのオハイオ州にある「ガネデン社」で開発された「米国特許乳酸菌」なのです。

※特許番号 US8697055 B2 / US6461607 B1

ボディメイクに効果がある乳酸菌として、プロティン飲料やシリアルバーなどの食品に使用されていました。

肥満大国アメリカで認められている乳酸菌なのです。

そんなガネデン乳酸菌が日本でもサプリとして入手できるようになっていたのです。

商品名スマートガネデン乳酸菌となってです。

一番のおすすめです。

⇒ スマートガネデン乳酸菌が初回87%OFFの540円で購入できる公式通販サイト

今なら87%オフの540円で試してみることができます。

返金保障も30日ついていますので、安心して試してみることができます。

すでに多くの方が手にしています。

ガネデン乳酸菌サプリ手にした人

⇒ スマートガネデン乳酸菌販売サイト

ファーミキューテスをもっと調べてみました。

もう一度記載しておきます。

腸内環境の理想は、ファーミキューテス:バクテロイデーテス=4:6が良いとされています。

どちらが無くなっても、増えすぎてもいけないのです。

ファーミキューテスに納豆

ファーミキューテスに納豆

納豆に含まれる納豆菌は、繁殖力がとても強く、1個の納豆菌は16時間後には温度などの環境もあるでしょうが約40億になるといわれています。

納豆1パック(100g)には1,000億個以上の納豆菌が含まれているそうです。

そして納豆菌は腸内環境に良い働きがあると言われています。

気を付けて欲しいのは、いくらカラダに良いからと言って食べ過ぎはダメです。

最近の納豆に付属している「たれ」は甘くできており糖質が多く含んでいるからです。

糖質の摂り過ぎはよくないのです。

私的にはやはり、納豆は普通に食べて、ガネデン乳酸菌のサプリがよかったです。

ファーミキューテスにクレモリス菌FC株

ご存知カスピ海ヨーグルトに入っている乳酸菌です。

クレモリス菌FC株は生きたまま腸まで届く乳酸菌です。

クレモリス菌FC株を腸内へ取り入れれば、良好な腸内環境を保ち、ファーミキューテスの割合を減らす期待できるのです。

ファーミキューテスにビフィズス菌

腸内に最も多くすんでいる有用な菌がビフィズス菌であります。

腸内では約1~10兆個のビフィズス菌が存在していますが、乳酸菌はその1/10000~1/100以下と言われています。

生きて腸まで届くビフィズス菌が腸まで届くということは、乳酸菌の働きでもともと腸内にいたビフィズス菌が増えやすい環境になり、さらに新たなビフィズス菌自体を補給することになるのです。

ということによりファーミキューテスの割合を減らす期待できるのです。

ファーミキューテスにラクリス菌

ラクリス菌は乳酸菌の1種であり発芽中の大麦である緑麦芽に存在する植物性乳酸菌です。

ラクリス菌は強い菌で生きたまま腸まで届く乳酸菌であり、仮に死んでも善玉菌のエサとなります。

腸内環境を良くしてくれる働きがあるのでファーミキューテスの割合を減らす期待できるのです。

ファーミキューテスにラブレ菌

ラブレ菌は、すぐき漬けという漬物から発見された植物性乳酸菌の1種です。

強い菌で生きたまま腸内に到達します。

悪玉菌の増殖を抑え、腸内の環境を整える効果がり、腸内環境を良くしてくれる働きがあるのでファーミキューテスの割合を減らす期待できるのです。

手軽にドリンクで販売もされています。

ファーミキューテスにブルガリア菌

皆さんご存知、ブルガリアヨーグルトで有名なブルガリア菌です。

ブルガリア菌は腸内環境にどういった影響をもたらすのでしょう?

ブルガリア菌はヨーグルトなどの乳製品に多く含まれておりますが、実は腸内で生息することができません。

死滅しても他の乳酸菌のエサになるため、腸内環境を良くするうえで貢献しています。

ヨーグルトを作るのにかかせないブルガリア菌もファーミキューテスの割合を減らす期待できるのです。

ファーミキューテスの呼び名

デブ菌と言われ有名になっていますが、実はファーミキューテスは呼び名が沢山あります。

フィルミクテス門・Firmicutes・ファーミキューテス門とグラム陽性細菌門のひつつですが、学名ではなく、ファーミキューテスは、ただのラテン語名に過ぎないというのです。

ラテン語でfirmusフィルムス(強固な)+cutisクティス(皮膚)という意味になりファーミキューテスはこれを英語風に発音したものということです。

出典:ウィキペディア調べ

⇒ スマートガネデン乳酸菌が初回87%OFFの540円で購入できる公式通販サイト